仮性近視 治す

仮性近視を治すには?





子供の視力が1.0以下になり、学校検眼で要検査の通知。

眼科では仮性近視との診断結果。


仮性近視は治るのでしょうか?


おそらく約8割以上の方々が、そのまま真性近視に移行して、メガネやコンタクトレンズに頼る生活を一生送ることになります。

わずかな人たちが、それでも視力を取り戻してメガネの苦痛や、コンタクトレンズのトラブルなどとは無縁の快適な生活を過ごせています。

実はわたしは、仮性近視からそのままメガネの生活になり、その後メガネが苦痛になりコンタクトレンズに切り替えて現在に至っています。
コンタクトレンズでは装用上のトラブルで角膜損傷し、何回か眼科に駆け込むという苦い経験があります。

実は視力が低下しはじめた頃、『視力がみるみるよくなる』という視力回復トレーニングの単行本を買ってみてためしてみたのですが、紹介されていた、まばたき、振り子運動、眼球運動、視点移動などは非常に面倒で長続きしませんでした。

その単行本には視力回復のために効果があるとされる方法はかいてあったのですが、なぜそれが、どのようにして視力回復につながるかの説明がなかったのです。

人は理由もわからずに、「これをしなさい」「これはしてはダメ」などと言われても、理由が分らずに納得出来ないと、その命令や禁止は苦痛なだけになることが多いのです。
 
結局わたしは、当時流行りはじめた、銀縁メガネがカッコよさそうという安易な思いもあって、あっさり眼鏡への移行してしまったのです。
以来、視力回復に関してはあきらめと後悔の人生を過ごすことになりました。

しかし、その後自分の子供の視力が低下して、再び仮性近視と向き合うことになったのです。


仮性近視を治すには? 

このサイトでは、子供の仮性近視に直面し悩まれているお父さん、お母さん達のために、仮性近視、視力低下、視力回復などについて、私の経験および、収集した情報の中から、まず知っておくべき知識や、役立つ情報などを、わかりやすくしてお知らせしてゆきたいと思います。

仮性近視を治すために





仮性近視の子供〜親が認識しておくべきこと


正常な視力が仮性近視になるということは、目のピント調整をしている筋肉の柔軟性が低下して、遠くのものに焦点が合わなくなっている状態です。

目のピントをあわせるには毛様体筋という筋肉が収縮して水晶体の厚みを調整しているのですが、通常毛様体筋が緩んでいる時には遠くにピントがあっている状態です。

近くを見るためにはこの毛様体筋が縮んで水晶体を厚くする必要があります。つまり近くを見ている時は筋肉に力が入った(緊張した)状態になっています。

近くのものを凝視し続けると、毛様体筋の収縮状態が続くために筋肉がこり固まりもとに戻りづらくなってゆきます。

仮性近視を治すには、この筋肉の柔軟性を取り戻してやれば良いわけです。

つまり凝ってしまった筋肉をほぐすことで視力が回復するというわけです。


仮性近視を治すための方法はすべてこのことが基本になっています。


仮性近視は眼科に頼ってはダメ


恐ろしい眼科の落とし穴



子供の仮性近視の事実はたいていの親は、学校から発送された検眼通知書で知ることになります。

学校検眼の結果通知書の指示通りまず眼科に行きますが、特に重大な問題がない場合、眼科でできることはありません。

それどころか、眼鏡になる時期を早められる可能性があります。


仮性近視への対策として眼科では通常は次のことを行なっています:

@ミドリンMなどの点眼薬〜散瞳剤(筋肉弛緩剤)で筋肉を麻痺させ緊張状態をほぐす。

Aワックなどの機器で眼の望遠トレーニングを行いで筋肉の緊張を解く。

B生活習慣の改善指導をして、仮性近視の進行・予防をはかりつつ、視力低下の回復を期待する。

しかし改善はほとんど期待できずに、時期尚早に眼鏡をすすめてきます。


ここで注意しなければならないのは

@のミドリンMなどの処方された目薬を点眼するとピント合わせにかかる筋肉の筋力が奪われてしまうことがあります。
これは硬直した毛様体筋を麻痺させる筋肉弛緩剤ですが、非常に危険な要因があります。医師によってはこの処方薬の使用を禁止すべきと唱える人も少なくないようです。

Aのワック等の遠近トレーニングですが、これは擬似的な3D映像などを使用するため、遠近トレーニングと言っても実際には眼の前の数十センチの画像を凝視ししているだけという矛盾したものになっています。

Bの生活習慣の改善も予防や近視の進行を遅くする効果はありますが、視力回復につながるかどうかは、既に悪くなってしまった視力を画期的に改善させるものではありません。


また眼科で検査する際の1.5も見えるほど度の強いレンズをいれて矯正視力を測ることにより軸性近視が進むことも分かっています。
だから子供が他人の度の強い眼鏡をいたずらにかけてみるということはたとえ数秒間といえども絶対にさせてはいけないのです。


検眼通知書の指示通り、眼科に通っていたら視力が下がってしまった、などどいうことはよくあることです。


仮性近視を治す方法


視力を取り戻す簡単な方法


学校検眼の通知書、もしくは子供の様子から眼科医で検査を受けて、仮性近視と診断されたらなら、親のとるべき道はただ一つです。

処方された目薬を使わず、ただちに視力回復のためのトレーニングを子供に行わせることです。

これは1日でも早いほうが、視力の回復率のためには良い結果につながります。

仮性近視でも0.8以下になる前なら1.2以上に回復可能性が非常に高くなるからです。


眼科で「この目薬で様子を見ましょう。」と言われ、その指示に従って、ほかに何もしなければ、あなたのお子さんは確実に視力が低下してゆくことでしょう。


私がこどものときには、お小遣いで買った単行本の視力回復トレーニングが難しく面倒で長続きしませんでしたし、近所に視力回復センターができたのですが、費用の問題で、親には積極的に通いたいとは言えませんでした。

あの時、私が以下で紹介する方法が存在して、それを知ることができていたらと、今さらに悔やんでいます。


こどもの眼を守るのに必要なこと

仮性近視を治す方法としては視力回復トレーニングがやはり有効です。

どんなものでもそうだと思いますが、ある程度の忍耐、長続きをさせることが必要です。

勉強大きらいだけど、ゲーム大好きな子供むけには、ゲーム感覚で取り組めるアイトレーニングも開発されて、ある程度の成果が報告されたりもしています。


仮性近視・視力低下の原因は?


子どもは目に悪いことが大好き


2016年末文科省から発表された学校保健統計調査の発表のとおり

視力1.0未満の生徒の割合は過去最悪を記録しています。

小中高生の視力 過去最悪

児童の仮性近視は増え続ける一方で、深刻化してきています。特に親としては、わが子が視力低下になるとなにかと不安になることが多いです。精神的負担もかなり大きく、これに親は困ってしまいます。それでもなんとか仮性近視を治して視力を回復させてやりたいと考えます。なにか良い視力回復の方法はないのでしょうか?

こどもの近視で特筆すべきは、兄弟姉妹だと、最初の子が仮性近視になると、二番目以降の視力は割と安全です。ところが 長男長女などが視力が正常なままだと、年下のこどもが近視になるリスクが増えてきます。

要するに親がこどもの視力低下について無知だと、こどもの視力が悪くなる可能性が高いというわけです。というわけで親が近視の予防ということを意識したならば、こどもの仮性近視を防ぐ確率が高くなるというわけです。

視力低下を招く原因は、近くに視点を固定してしまう、このことが主な原因であることは明白です。

つまり眼の焦点が近くに固定された状態を続けると、水晶体を調整している毛様体筋が硬くなってきます。こういう生活習慣を続ければ次第に眼は近視化していくというわけです。従ってPSPなどのゲーム機器は子どもの視力にとって最悪です。眼を悪くしてしまったら、一刻も早く視力を回復させる手立てを考えなければなりません。

視力が悪くなることを防ぎ、視力回復へ緒をつかむには、近くのものをずっと見続けるような生活習慣を改善しなければいけません。読書などの書籍は反射画面で、周りの光環境に左右されます。また頻繁に瞬きの動作が入るので、 適度に休みがあり目への負担は軽減されます。こうしたことから考えれば瞬きもせず、長時間、依存症的に小さな有害光線ブルーライトを発する画面を見続けるPSPやDS等の携帯ゲーム器、スマホは最悪です。

近くを凝視し続けることで近視が進み、ブルーライトにより網膜の損傷が危ぶまれます。

「ブルーライトカット用の眼鏡を使用すれば良いのでは」との声も聞かれますが、実はブルーライトカット用の眼鏡だけでは近視の進行は止められません、ブルーライトの及ぼす眼への悪影響は近視の原因とは直接の関係がないからです。どうせブルーライトカットの眼鏡を子供に買い与えるなら視力低下防止作用もある専用グラスを選ぶほうが賢明だと思います。


視力回復の実態


子供が仮性近視になり、そのまま成り行きにまかせて真性近視になってしまった場合、視力を回復させる擬似的処理として、最も一般的なのは眼鏡、コンタクトレンズです。

私の場合、高校に入学するタイミングで眼鏡を使用し始めました。もちろん主に授業のときだけでしたが、1年しないうちに、度があわなくなり、度の強い眼鏡に替えるようになりました。
そのうちに眼鏡をかけていることが苦痛になってきて、鼻に眼鏡のあとがつき赤くなり、耳も締め付けられるように感じ頭痛が頻発するようになりました。

大学入学前にコンタクトに替えたのですが、最初は違和感に慣れるまでは、これまた新たな苦痛の毎日でした。コンタクトに替えてからは鼻の痛みや、頭痛はなくなりましたが、今度は目の角膜のトラブルが何度か襲ってきました。全く厄介な人生を送っていると感じています。


視力回復の方法としては、外科的手術のレーシックや、寝ている間に角膜の形状を矯正するオルソケラトロジーがありますが、あくまでも対処療法で、根本的に眼の機能が戻ったわけではないので、レーシックなども再手術が必要になってきますし、これまた永遠に面倒が解消されたわけではないのです。

子供が視力を落としたなら、仮性近視のうちに視力回復トレーニングを行い、視力回復をすることが、今後の長い人生で最も大きな宝物になることは確実です。

子供の仮性近視体験談


あきっぽい私が唯一続けていることが、子供に眼鏡なしの生活を続けさせることなんです。ただ、最近はスマホアプリや小型ゲーム機などの画面の凝視が近視を生み出す大きな原因となっており、その対策のほうも気になっています。生活習慣の乱れも心配なことですが、子供の視力悪化につながるということを考えるとかなり深刻ではないかと考えています。仮性近視は治るのか?親がまず知りたいのはこのことだと思います。

仮性近視を治す方法はいくつかのアプローチがあります。わたしが思うところでは、視力回復センターのようなところに通うのではなく、家庭で簡単にできる方法のほうが、子供も長続きができ、親の負担も減ります。
実際の所費用的に視力回復センターだと、かりに毎日トレーニングに通わせるとなると月に最低でも2〜3万かかるんですね。それでもし視力が戻らなければ、費用もこどもの視力も諦めるしかないという選択肢になりますね。ところが視力回復センターのトレーニングを自宅で行えるキットがあって、それだと約半月分のトレーニング費用だけで、60日間一日13分のトレーニングで効果がなければ返金してくれるという、もうこれしかないようなものなのです。

視力回復センターで指導してくれるのは、医師ではありません、肩書は視力回復トレーナーというような専門家です。

ここで大きな認識を誤ってしまうのは、医師でもない素人に頼るのはちょっと抵抗があるというふうに思ってしまうことです。

実は医師免許を持った眼科医は、視力回復の専門家ではありません。眼科医にとって仮性近視は病気(眼病)ではなく、時期尚早に提携の眼鏡店行きの処方箋を書いて終わり的な処置になるからです。

もうおわかりのように、実際に真剣に日々こともの視力回復に取り組んでいるのは視力回復トレーナーのような専門家というわけです。


 

サイトマップ