仮性近視を治す 眼科の限界

仮性近視は眼科の領域では病気ではない

眼科とは眼の病気を診断し治すところです。


仮性近視は根本的に眼の病気ではありません。
仮性近視の状態のときには、点眼薬や、視力検査機に付属している眼のストレッチで一時的(数秒間)に眼の緊張を解す機能(ワック)で毛様体筋の弛緩のための対処を行いますが、殆ど効果はないと言われています。

数週間から数ヶ月の経過観察の後に、「黒板の字が見えずらくなったら眼鏡にしたほうが、学業に影響が出ません。」のように言われます。
基本的に眼鏡で1.0程度まで矯正できるのであれば、医学的には全く深刻性はないからです。

実際に視力回復トレーニングは、眼筋などのストレッチや、弛緩剤、雲散法などだけでは、視力回復できないことが最近になって分かってきました。
実はトレーニング時には、脳と連動したピント調整トレーニングが重要ということが研究成果から明らかになってきています。

つまり、眼科での毛様体筋を弛緩させるだけの方法では、超音波治療機も含めて効果は薄いということなのです。

しかしそれ以上の施術は眼科の領域ではなくなってしまうのです。


脳からの司令によって、ピント調整筋が正常に機能するようなトレーニングが視力回復には有効なのです。


視力回復トレーニングの実態

 

サイトマップ