視力回復 レーシック

視力回復できるレーシックとは





レーシックのおすすめ度


視力回復の方法の一つとして眼科医が行うものにレーシック手術があります。

眼鏡、コンタクトレンズに頼らないで視力回復する方法としては眼科医が行える数少ないほぼ唯一の方法と言って良いでしょう。

方法としては角膜を一旦切り取り、厚みを調整して再移植するというものです。

イメージとしては自分の角膜がコンタクトレンズになるようなものと考えて良いでしょう。


コンタクトレンズを装用していた時に感じたストレス、

毎日の付け外しが面倒。

起きてすぐには視界がぼやけているので、緊急時には不安。

コンタクトレンズによるケア上のトラブル、角膜炎や最悪失明などのトラブルがなくなります。


しかし、そのためには眼科でもレーシック専門医での外科手術が必要です。

レーシックの費用は30万円前後ですから、コンタクトレンズと比べたばあいも金銭的なメリットはあまりありません。

手術はうまくいかないことも一定の割合であります、角膜の再移植で不具合が生じたたり、度数の調整がズレてしまったりなどの弊害もあります。


レーシックもまた視力低下の対処療法なので、手術により視力が上がっても、水晶体のピント調整機能が復活したわけではありません。

また恒久的に視力が安定するものでなく、さらに視力の低下が進むと、眼鏡やコンタクトレンズの度数を上げるように、レーシックも再手術が必要になることもああります。


レーシックは成長期の子供には適さない

特に子供の場合は成長期なので、レーシック手術の間隔も狭くなります。
本来目の持つ視力機能回復のためには、レーシックなどに頼らず、眼の正常な使い方で本来の見え方を取り戻すような、視力回復トレーニングが安全で健康的と言えます。




トップアスリートも採り入れている最新のアイトレーニング!

レーシック手術でおこる弊害





最も手軽で安全な視力回復法?

視力回復のためのレーシック手術は、時間的にも負担が少なく、術後の回復も早いために、比較的手軽にできる視力回復術ともいえます。

手術の成功率も高く、失敗して失明したという報告例もなく、近年技術も上がってきているので安全な視力回復法とも言えるかもしれません。

しかし、外科手術で自分の角膜を切り取ることには不安や恐怖など精神的な負担が大きいですし、費用的にも数十万円かかるので、とても手軽とはいえません。それでは安全性はどうなのでしょうか?


レーシックに失敗すると?

ただし手術後に起こるデメリットには以下のものが報告されています。

ドライアイ レーシック手術では、角膜をレーザー照射で切り取るのですが、その時に角膜の一部の神経まで切断してしまうことがあり、感覚が鈍り、涙が出にくくなります。通常は3ヶ月程度で神経が回復し、ドライアイの症状も改善しますが、まれに1年近く症状が継続し苦しむ場合もあるようです。


ハロ・グレア〜光がまぶしく見えるようになる症状
光がこれまで以上に眩しく感じる。夜間、暗い所では、視力が著しく低下するといった症状も、レーシックの後遺症の1つです。一般的には半年程度で解消されるようですが、何年も続いて改善しない報告例もあるようです。

過矯正 視力を必要以上に矯正してしまった状態が過矯正です。度の強すぎる眼鏡をかけ続けているような状態ですので苦痛です。
遠くがよく見える様になりますが、パソコンやスマートフォン、読書など、近くのものを見るのにピントの調整がうまくいかず、眼精疲労を起こしやすくなります。レーシックを受ける際は、過矯正を防ぐために、日常生活でどのくらいの視力が適正なのか、しっかり事前に医師と相談する必要があるでしょう。

また、矯正した視力が低下することも当然ながら起きてきます。この点もレーシックが永遠でないデメリットの一つです。
レーシックが視力回復に有効な手段であることは確かですが、安全性は高いとされているものの、繊細な薄い角膜をさらに削る手術であり、リスクもあるということをしっかり認識しておかなければなりません。


最善の視力回復法は、視力回復トレーニングにより眼が持つ本来の正常機能を取り戻すこと以外にありません



視力回復トレーニングは面倒? そんな常識をくつがえす21世紀のアイトレーニング









 

サイトマップ