視力回復トレーニング 種類

視力回復トレーニングとはどういうものか




視力回復トレーニングとは一体どういうことを行うのでしょうか?

実際に行われているアイトレーニングにもいくつかの種類・方法があります。


視力回復の方程式(毛様体筋の弾力を取り戻す=視力回復する)にいずれもアプローチするものですが、効果は様々なようです。



遠方凝視法

視力回復トレーニングのうち、遠方凝視法は誰にでも簡単にできるものかもしれません。近くを見過ぎで固くなってしまった毛様体筋(ピント調整筋)を、その逆の行為をおこなることで、緊張状態を開放させようというものです。
遠くを見るだけのことですが、実際にはピントが合った距離でしかトレーニングができないのと、毎日約30分以上のトレーニングが必要です。子供部屋から遠くが見えるような環境があると勉強の合間に遠くを見るなどの習慣付けをすれうことでこのトレーニング法は行きてくると考えられます。


輻輳解散法

輻輳解散法は、寄り目や片目ずつ別の画像を見ることに寄って眼筋を鍛えるもので、マジカル・アイなどの3D画像の映像を作り出すトレーニング法ですが、毛様体筋を接直接トレーニングするわけではないので、効果が薄く、視力回復に限界があると考えられています。


遠近トレーニング

近くの物と遠くの物を交互に見るトレーニング方法。例えば自分の手の親指を使ってできる手軽なトレーニング方法もあります。
親指を目に近づけてみつめた後、今度は腕を伸ばして遠ざけた位置でみる。この動作を繰り返すことで目のピント調整筋の柔軟性を上げることを目的としています。他にも様々な遠近トレーニングが考案されていますが、単純作業なために、飽きっぽい子どもでは長続きしないというデメリットがあります。


眼筋トレーニング

目の内眼筋と外眼筋を鍛えることで、目の筋肉をほぐし、目のピント調節機能を鍛えるトレーニング方法です。
子どもでも楽しく続けられるキットが多く出ていることから人気のトレーニング方法ですが。パソコンなどの画像を使うものは、近くを凝視する行為なので逆効果になるので注意が必要です。視力回復ではなく、近くのものを見る動体視力を鍛えるだけの、眼の疲労を伴うものなので、軽いストレッチ程度でやめておく必要があり、ますから、他のトレーニングと組み合わせて行うことが必定です。


明暗トレーニング

明暗を繰り返してすことで目の筋トレを計るものです。虹彩と呼ばれる瞳孔の大きさを調整する部位を動かすための筋肉・虹彩筋を鍛えることで、連動する水晶体の厚さを調整する毛様体筋も鍛えるというトレーニング方法です。



アイトレーニングにはこの他にも様々るな方法があります。いずれも基本的な考え方は同じ方向性を持っていますので、子供の視力回復トレーニングのばあいは、田中謹也のアイトレのような子供が飽きずに続けられるプログラムを選ぶことが大事なポイントとなってきます。




飽きやすい子供でも一人で自主的に進められるアイトレーニング

 

サイトマップ