視力低下防止 眼鏡グラス

ブルーライトカットの誤った認識


誤った親の認識

DSやPSP等の小型ゲーム機、これは子供の眼を悪くする最大の原因ですが、お子さんの眼にとって実は2つの危険性があることを認識されていますでしょうか?

近くを凝視しつずけることで仮性近視を引き起こすことと、もう一つ失明につながる原因があるのです。


それは最近問題になっている、パソコンやゲーム機器の発光面から出るブルーライト

これはどういう問題かというと、網膜への影響が大きく、網膜剥離などの重大な症状を引き起こすからです。

網膜は水晶体を通して入ってきた映像を脳に伝えるためのスクリーンのようなものですから、これがやられると失明につながります。

最近はブルーライトカット用の眼鏡が売られていて有効なアイテムとして使われています。


しかしながらゲーム好きのお子さんの眼を心配して、こうした眼鏡を与えるだけでは、子供の視力低下は防げません。

ブルーライトカット眼鏡(グラス)は網膜への刺激を和らげる効果はありますが、近くを凝視するために起こる視力低下には全く効果がありません。


どうせ子供にゲーム時に眼鏡をさせるなら、有害なブルーライトをカットしかつ視力低下防止効果のあるリーディング・グラスを使用させましょう。

 

サイトマップ