仮性近視 点眼薬

ミドリンMは仮性近視を治療する特効薬ではない

仮性近視で処方される点眼薬 ミドリンM

ミドリンM


仮性近視の初期で、眼科で処方されることのある点眼薬。

ミドリンMとかサンドールとかミオピンとかいう名称の目薬。


これは一体どういう薬なのでしょうか?


眼科医では「目薬を毎晩寝る前に差して様子を見ましょう」と言われるはずですが、あまり詳しい説明はしてくれないのはないでしょうか。


このミドリンMの効能は? 実は眼の諸機能を阻害する危険性のあるものなのです。


実はこの薬、散瞳剤と呼ばれる筋肉弛緩作用のある麻酔の一種だと考えていいようです。


仮性近視とは、近くを凝視することによって正常だった眼のピントを調整する毛様体筋が収縮を続ける緊張状態になってしまって、一時的に硬くなってしまっているのです。

そのまま症状が進行すれば完全に筋肉は凝りかたまり、柔軟性を失い真性近視が進行してゆきます。


その仮性近視を引き起こしている筋肉の緊張を緩めるのが、このミドリンMに代表される点眼薬なのです。

麻酔によって眼球付近のすべての機能を麻痺させるので、瞳孔が開きっぱなしになり、眼の焦点も合わなくなります。

明るいうちに間違って点眼すると、網膜がやられ、失明にも繋がりかねません。だから点眼後は部屋を真っ暗にして就寝することが必須です。

また不快な痛みの症状も伴い、結構な苦痛を訴えるお子さんもいるようです。

わたしも子供の頃にこの点眼薬を使いましたが、眼科医では予め、ほとんど効かないので期待しないでくださいと言われました。
点眼すると目の前がぼやけ、暗い光も非常に眩しく感じますし、痛みも感じました。

この点眼薬の処方に関して、眼の筋肉が麻痺したままになる危険性や反対の意を唱える医師も多く、また効果があるケースもきわめて稀なため、最近ではあまり処方されなくなってきています。

わたしの子供の場合は、しかしながらこの点眼薬で一時的な視力の回復がありましたから、完全に否定はできないとは思います。しかしそれはあくまでも一時的で、仮性近視の不安が完全になくなるわけではありません。

眼科で処方する時に危険性を十分に説明をしない場合もあるようなので、患者の場合もただ理由も分らずに続けるのも苦痛なだけになってしまいます。

これには眼科医の意識の問題も少なからず関連しているように思いますが、

眼科医では仮性近視は病気ではなく、提携の眼鏡屋へ送り込んでナンポ的な既成事実があるのではないでしょうか。


つまり眼科では近視は病気ではなく最優先事項ではないのです、いまでは眼鏡やコンタクトレンズの市場も拡大してきていることも少なからず、眼科医では視力回復を期待することが無理であることを暗示しているようです。


お子さんの視力回復を真剣に考えてくれるのはどこなのでしょうか? 

仮性近視を治す方法をどうして探り当てたら良いのでしょうか?




視力回復トレーナー、田中謹也の後悔が生み出した、アイトレーニング新理論!


 

サイトマップ