仮性近視 治す

仮性近視とは



学校検眼で視力判定が要検査。

眼科では仮性近視との診断。


仮性近視とは?



仮性近視は偽近視、学校近視とも呼ばれます、近視の初期の症状で、多くの小中学生の子供が仮性近視または仮性近視予備軍の可能性があります。

近視とは遠くのものにピントが合わなくなることですが、この原因は眼のピント調整をしている筋肉、毛様体筋が水晶体の厚さを調整しているのですが、
近くを見るときには水晶体を厚くしてピントをあわせるために、毛様体筋が収縮した緊張状態になります。

つまり毛様体というピントを合わせるための筋肉は、近くを見るときは収縮して(緊張して)、遠くを見るときはゆるみます。近くを凝視するなどの作業を続けるると、筋肉は緊張したまま、収縮した状態で固くなり、遠くのものを見るために本来の緩んだ状態に戻らなくなり近視となります。

この収縮した筋肉の硬さががまだ弱いときの状態が仮性近視なのです。

仮性近視のうちは筋肉の弾力を取り戻すことが比較的楽なために、早急な手当が必要です


眼鏡をかけると、遠くのものを見ているときも、眼の筋肉は近くを見ている状態のままですので、近視の度合いがすすみ、もとの視力には戻らなくなりますので、眼鏡が必要になる前の状態で視力を元に戻すことが必要です。

視力が0.8以下になると視力回復の度合いが低くなるので、学校検眼の検査判定がBになる前に対策をする必要があるのです。







子供の視力は戻るのか?


正しい知識と、少しの忍耐、努力で、子供の一生の宝となる眼を守ることができます。


眼科のワナにかからず、自宅で簡単に視力アップできる方法を知ることができれば、
子供でも簡単に視力回復させることができるのです。


ある視力回復トレーナーが、その後悔により生み出したアイトレーニングキットがそれです。

彼のアイ・トレーニングに遠方より訪れた親子が、費用の負担がネックになり手遅れになってしまったことから、来店せずに治す方法を完全プログラム化した入魂のアイトレーニングです。





>>>続きを公式ホームページで読む

 

サイトマップ