仮性近視 視力回復トレーニング

仮性近視を治す視力回復トレーニング

ほったらかしで子供の仮性近視を治す

 

子供が仮性近視になったなら、眼科で視力をもどすことはほとんど不可能だということがわかりました。

眼科では近視からの視力回復は全くの守備範囲外ということを早目に気づくべきでした。

 

視力回復のためにはトレーニングが必要で、それは眼科ではなく視力回復センターや視力回復トレーナーなどの専門家の仕事なのでした。

 

しかし、ここでメガネ無しの人生への最後の壁となるのが、視力回復トレーニングの難しさなのです。

ここでどういう方法で、視力回復トレーニングを行うかが鍵となって来るのです。

 

わたしが自分自身の視力回復トレーニングで挫折したことは前にも書いてあります。

こどもを視力回復センターに通わせることも、大きな家系の負担と、時間と労力が必要なので、諦めてしまう人も多いのでしょうね。

 

また自宅で親が目を光らせながら、面倒な視力回復トレーニングを子供にさせるのも長続きはしないでしょう。

 

ところが私がたどり着いた、田中謹也のアイトレーニングは「一日たったの13分で、子供が自分で率先してできるシンプルな視力回復トレーニング法」だったのです。

 

面倒であまり効果のない視力回復トレーニングを排除してあります。

そのことを知ったのはこのアイトレーニングの基礎知識編にかいてある、様々な視力回復トレーニングの方法の効果とメリットについての章を読んだからです。

 

あとはほったらかしで子供が、CD-Rの音声を再生しながらトレーニングを行うだけなのです。

 

 

田中謹也アイトレーニング    コメント:1

理想の視力回復トレーニング法

仮性近視は眼科ではできる処置が、危険な点眼薬か、効果が一瞬しか続かないワックによるトレーニングしかなく、ここまでが眼科の限界だとわかりました。

 

子供の視力を本気で取り戻したいなら、視力回復トレーニングしかありません。というのがいろいろ経験してきた中での結論のようなものでした。

 

視力回復トレーニングの有用性は認めるにしても、以前私が試したような「視力がみるみる良くなる」のような単行本では、説明を何度も繰り返して読んでも、やり方が本当に正しいかを確認するのが困難で、面倒臭いトレーニングをいくつも、一時間もかけて行うのは苦痛でした。その本は、視力を回復させるのに役立つであろうトレーニングをただいくつも並べているようなもので、本当に効果があるのか確かめる前にくじけてしまいました。

 

自分の子供にこのようなトレーニングを毎日続けさせるのは不可能でしょう。
視力回復がそんな面倒臭いものであるなら、仕方なくメガネの生活を受け入れるしかないのでしょうか。
実は私自身はこうした失敗例です。

 

簡単に短い時間で、楽しみながらできるのが、視力回復トレーニングの理想のかたちですが、私がであった 田中謹也の視力回復回復アイトレーニングはまさにこうした条件を満たしていたのです。

 

田中謹也のアイトレーニング早わかり

 

 

 

田中謹也アイトレーニング    コメント:0