仮性近視 視力回復トレーニング

仮性近視を治す視力回復トレーニング

視力回復トレーニングは有効か?

 

視力回復トレーニングは早ければ早いほど良い

子どもが仮性近視だとわかったら、すぐにでも視力回復トレーニングを行うのが最善策です。

眼科では、ゲームやスマホで悪くした子どもの眼を、目薬や望遠画像機器などの効果のほとんど認められていない方法を一応行うだけで、一定の経過観察の後に眼鏡の処方箋を渡されるだけです。じつはその眼科で手間取っている時間が、手遅れになるかもしれない大事な時期になることが多いのです。

 

 

仮性近視のメカニズムを知る


仮性近視は、近くのものを長時間凝視したことが大きな原因です。眼のピント調整筋にあたる毛様体筋は、通常は弛緩していますが、近くのものに焦点を合わせるためには、収縮して水晶体を厚くさせているのです。近くのものになればなるほど、毛様体筋は力が入った状態になるのです。そうした状態が長く続くと筋肉が凝り固まりますので、こんどは逆に遠くのものにピントを合わせるために筋肉が緩まなくなってしまい、遠くのものが見えなくなってしまうのです。

 

 

眼科の危険な処置

眼科ではこの凝り固まった筋肉を、筋肉弛緩剤(麻酔)を点眼させて柔らかくする。または遠方凝視の状態を擬似的に器械の映像で作って近親になった、眼の使い方と逆のことをさせることで、仮性近視の治療を行うのが限界です。

 

しかし眼科でしばしば処方されるミドリンMなどの点眼薬は、眼の機能全体を麻痺させるので、眼の瞳孔を調整する虹彩筋なども麻痺させるので、昼間に指すと網膜がやられ失明につながることがあります。眼科医によってはこの点眼薬の危険性を唱える医師もいて安全な方法とは言えないのです。

 

また遠方凝視は一日30分以上行わないとほとんど効果がないとされていますので、5分程度の擬似画像では一時的な効果しかきたいできません。

 

 

視力回復の専門家

一方眼科医ではなく、視力回復トレーナーと呼ばれるプロの方達がいます。眼科において近視は病気ではなく、眼科の守備範囲外なのです。一方視力回復トレーナーという肩書の人たちは、視力回復の専門家というわけです。

ここで認識を見誤ると、子どもの視力は一生悪くなり続けるだけになるわけです。

 

 

 

視力回復のための認識    コメント:0