仮性近視 視力回復トレーニング

仮性近視を治す視力回復トレーニング

仮性近視を治すのは眼科の領域外

仮性近視で眼科に通っていて、視力回復の見込みがないと匙を投げられてしまった場合、たいていの親子はあきらめて、その眼科医の処方に従ってメガネ屋を訪れます。

 

私に経験からすれば、その時に踏ん張れるかどうかが大きな人生の分かれ道です。一旦メガネを手にすれば、あっという間に裸眼視力は下がっていきます。

ピントが合わない屈性異常近視から、今度はメガネで視力をを矯正されることで、軸性近視が進行すると言われています。

 

このことは近視になった誰もが経験することですが、最初の一年でメガネの度はあっという間に合わなくなります。

 

0.3くらいだった視力は0.1を下回り、一桁下の視力になってしまいます。

こうなる以前に何とかしなければならないのです。

 

眼科の領域では、仮性近視は治らないのが当たり前、治したくても治せないのです。

点眼薬ミドリンは毛様体筋を麻痺させる筋肉弛緩剤、ワックはバーチャル映像で

ほんの一瞬だけ毛様体筋の緊張を緩めますが、効果はほんの数十秒です。

 

眼科外の視力回復トレーニングには、毛様体筋の機能を回復させる動作トレーニングを右脳の働きと連動して行うために効果が高いとされるものがいくつかあります。

 

 

 

 

 

 

仮性近視治療の限界    コメント:0

ほったらかしで子供の仮性近視を治す

 

子供が仮性近視になったなら、眼科で視力をもどすことはほとんど不可能だということがわかりました。

眼科では近視からの視力回復は全くの守備範囲外ということを早目に気づくべきでした。

 

視力回復のためにはトレーニングが必要で、それは眼科ではなく視力回復センターや視力回復トレーナーなどの専門家の仕事なのでした。

 

しかし、ここでメガネ無しの人生への最後の壁となるのが、視力回復トレーニングの難しさなのです。

ここでどういう方法で、視力回復トレーニングを行うかが鍵となって来るのです。

 

わたしが自分自身の視力回復トレーニングで挫折したことは前にも書いてあります。

こどもを視力回復センターに通わせることも、大きな家系の負担と、時間と労力が必要なので、諦めてしまう人も多いのでしょうね。

 

また自宅で親が目を光らせながら、面倒な視力回復トレーニングを子供にさせるのも長続きはしないでしょう。

 

ところが私がたどり着いた、田中謹也のアイトレーニングは「一日たったの13分で、子供が自分で率先してできるシンプルな視力回復トレーニング法」だったのです。

 

面倒であまり効果のない視力回復トレーニングを排除してあります。

そのことを知ったのはこのアイトレーニングの基礎知識編にかいてある、様々な視力回復トレーニングの方法の効果とメリットについての章を読んだからです。

 

あとはほったらかしで子供が、CD-Rの音声を再生しながらトレーニングを行うだけなのです。

 

 

田中謹也アイトレーニング    コメント:1

理想の視力回復トレーニング法

仮性近視は眼科ではできる処置が、危険な点眼薬か、効果が一瞬しか続かないワックによるトレーニングしかなく、ここまでが眼科の限界だとわかりました。

 

子供の視力を本気で取り戻したいなら、視力回復トレーニングしかありません。というのがいろいろ経験してきた中での結論のようなものでした。

 

視力回復トレーニングの有用性は認めるにしても、以前私が試したような「視力がみるみる良くなる」のような単行本では、説明を何度も繰り返して読んでも、やり方が本当に正しいかを確認するのが困難で、面倒臭いトレーニングをいくつも、一時間もかけて行うのは苦痛でした。その本は、視力を回復させるのに役立つであろうトレーニングをただいくつも並べているようなもので、本当に効果があるのか確かめる前にくじけてしまいました。

 

自分の子供にこのようなトレーニングを毎日続けさせるのは不可能でしょう。
視力回復がそんな面倒臭いものであるなら、仕方なくメガネの生活を受け入れるしかないのでしょうか。
実は私自身はこうした失敗例です。

 

簡単に短い時間で、楽しみながらできるのが、視力回復トレーニングの理想のかたちですが、私がであった 田中謹也の視力回復回復アイトレーニングはまさにこうした条件を満たしていたのです。

 

田中謹也のアイトレーニング早わかり

 

 

 

田中謹也アイトレーニング    コメント:0

視力回復トレーニングのタイミング

 

 

子供の視力低下を知る時

子どもの視力が低下したことを親が知るのは、毎年春の学校検眼の検査結果通知を受け取った時というのが、最も多いケースではないでしょうか。

 

 

仮性近視かどうかの確認する

この時点ではまず、眼科で再検査を受けて重大な眼の異常があるかどうか診察してもらいます。ただの仮性近視と分かれば、眼科ではそれ以上のことは期待してはいけません。眼科では仮性近視は病気とは捉えておらず、ありきたりの対処で、あとは提携のメガネ店へ送り込むだけなのです。

 

 

眼科では仮性近視は治せない

なぜ眼科では真剣に仮性近視を取り扱ってくれないのでしょうか?

実は眼科医はこどもの仮性近視をなおすことが出来ないのです。仮に自分の子供が仮性近視になったとしても、一通りの経過観察以上のことは出来ないのが現実です。

 

 

視力回復トレーニングを考える時

視力回復トレーニングは普通、眼科でもう仮性近視が進行しているのでそろそろ「眼鏡にしましょう」といわれて、匙を投げられた状態になった時に慌てて、視力回復トレーニングに行き当たると言ったケースが多いようです。

じつはこの時点ですでに手遅れになっていることが多いのです。

 

 

視力回復トレーニングのタイミング

仮性近視を治すための視力回復トレーニングは早ければ早いほどよい、そうして早いほど視力回復の速度や度合いが大きくなります。

例えば0.8の視力なら1.2に戻ることはそんなに厳しくありませんが、0.4に下がってしまっては1.0以上の視力にするのはかなり難関になります。

 

視力回復トレーニングのタイミングは眼科で仮性近視と診断された時点で、すぐにでもはじめるべきなのです。

 


眼科に頼らない、視力回復専門家のアイトレーニング・キット

 

 

 

 

 

視力回復の時期    コメント:0

視力回復トレーニングは有効か?

 

視力回復トレーニングは早ければ早いほど良い

子どもが仮性近視だとわかったら、すぐにでも視力回復トレーニングを行うのが最善策です。

眼科では、ゲームやスマホで悪くした子どもの眼を、目薬や望遠画像機器などの効果のほとんど認められていない方法を一応行うだけで、一定の経過観察の後に眼鏡の処方箋を渡されるだけです。じつはその眼科で手間取っている時間が、手遅れになるかもしれない大事な時期になることが多いのです。

 

 

仮性近視のメカニズムを知る


仮性近視は、近くのものを長時間凝視したことが大きな原因です。眼のピント調整筋にあたる毛様体筋は、通常は弛緩していますが、近くのものに焦点を合わせるためには、収縮して水晶体を厚くさせているのです。近くのものになればなるほど、毛様体筋は力が入った状態になるのです。そうした状態が長く続くと筋肉が凝り固まりますので、こんどは逆に遠くのものにピントを合わせるために筋肉が緩まなくなってしまい、遠くのものが見えなくなってしまうのです。

 

 

眼科の危険な処置

眼科ではこの凝り固まった筋肉を、筋肉弛緩剤(麻酔)を点眼させて柔らかくする。または遠方凝視の状態を擬似的に器械の映像で作って近親になった、眼の使い方と逆のことをさせることで、仮性近視の治療を行うのが限界です。

 

しかし眼科でしばしば処方されるミドリンMなどの点眼薬は、眼の機能全体を麻痺させるので、眼の瞳孔を調整する虹彩筋なども麻痺させるので、昼間に指すと網膜がやられ失明につながることがあります。眼科医によってはこの点眼薬の危険性を唱える医師もいて安全な方法とは言えないのです。

 

また遠方凝視は一日30分以上行わないとほとんど効果がないとされていますので、5分程度の擬似画像では一時的な効果しかきたいできません。

 

 

視力回復の専門家

一方眼科医ではなく、視力回復トレーナーと呼ばれるプロの方達がいます。眼科において近視は病気ではなく、眼科の守備範囲外なのです。一方視力回復トレーナーという肩書の人たちは、視力回復の専門家というわけです。

ここで認識を見誤ると、子どもの視力は一生悪くなり続けるだけになるわけです。

 

 

 

視力回復のための認識    コメント:0